軍用地投資は嘉手納町で!

アパート経営と節税対策

アパート経営が節税対策になる理由

 

 

最近相続税の内容が変わっています

 

相続税の対策ではアパート経営がとても良いということが話題になっているようです

 

そのせいもあってかアパートを経営する方が増えてきています

 

アパート経営はなぜ節税対策に良いのでしょうか?

 

賃貸のアパートなどは相続時に不動産の評価額が下がるために自宅を

 

賃貸併用住宅に建て替えするということを考えておられる方も増えているようです

 

さらには銀行ローンでアパート経営をすると借り入れがマイナスになって

 

相続税の節税になるのです

 

 

例として5000万円でアパートを建てたとして相続時に時価が5000万円以下だとしても

 

相続税の評価額が下がってその差が節税になります

 

つまり、現金で持っているよりもアパート経営のほうが節税になるということで

 

アパート経営者が増えているのです

 

節税対策の点でアパート経営がメリットになるのは土地の評価額の減少が可能な点です

 

他人に貸している土地の場合は約2割ほど評価額が下がるのです

 

また、アパートの敷地は事業用の土地になるので50%の減税を受けれることがあります

 

借り入れをしてアパートの建築をしても土地の評価額を下げることができるので

 

節税対策になります

 

 

アパートを経営するなら長い間にわたって固定収入が得られるため

 

現金で持っているよりも得なのです

 

安定収入があるなら経済的にも年金生活になる老後も安心できます

 

不動産投資の資産は子供たちに引き継げるということもあり生活の計画も立てられます

 

節税対策という面でもアパート経営という面でもメリットは大きいので

 

興味があればぜひ調べてみてください